不朽の名作ゲーム『街 〜運命の交差点〜』の思い出を振り返る

3 min
不朽の名作ゲーム『街 〜運命の交差点〜』の思い出を振り返る
スポンサーリンク

サターンのゲームは数多くプレイしている私がドハマリしたソフトの1つが『街 〜運命の交差点〜』

『街』は1998年に発売されたソフトですが、その当時では珍しいサウンドノベルというジャンルのゲームだった。

文章を読み進めることがメインのサウンドノベルは、本が好きな私にピタリのジャンルで、未だに好きなジャンルだ。

今回は私がサウンドノベルにハマるきっかけとなった『街』について書いていく。

スポンサーリンク

『街』との出会い

まだゲームショップが隆盛を誇っていたあの頃、小学生だった私は『街』の体験版を手に入れた。

どんな内容かも分からずにゲームを始めた私は、スタートした直後、一瞬で『街』に引き込まれた。

その当時にしては綺麗な実写を背景に読み進める文章、自分に託される選択肢。
私にはその2つがあれば満足だった。

今考えて見れば、小学生向けではなく大人向けに発売されたゲームなのは間違いない。
しかし、小学生の私の心にぴたりとハマってしまったのだ。

そして私は発売した『街』を購入した。

スポンサーリンク

『街』のシステム

『街』は実写の渋谷をバックに文章を読み進め、選択肢を選んでエンディングを目指すゲーム。 

通常は1人の主人公が物語の中心になるところですが『街』では8人の主人公がおり、それぞれが絡む形で物語が進行する。

それ以外にも『街』には、少し特徴的なシステムがある。

TIP

TIPは辞書のような機能で、文章を読み進めているとこんな表示が出てくる。

道玄坂を前に……(文章はイメージ)

ここで「道玄坂」の押すと、道玄坂とは〜というような、その項目に関する補足説明が読める。
私はこの機能が大好きで、出て来るたびに全部読んでいた。

ZAP

ZAPこそ『街』の醍醐味だ。

ある主人公の物語を読んでいる間に、こんな感じの飛べる表示が出てくる。

すれ違った顔に傷のある男は、そのまま歩き去った(文章はイメージ)

ここで「顔に傷のある男」を押すと、別の主人公のシナリオがプレイできる。

その機能を上手く使わないと全くクリアできないので、選択肢を何度も選び直して、ZAPを探し出したり、TIPの中に潜むZAPを探し出すのが最高に楽しかった。

スポンサーリンク

個性豊かな『街』の主人公たち

『街』には8人の主人公が登場する。

  • 爆破予告を捜査するオタク刑事・雨宮桂馬
  • 役者に間違われたヤクザ・牛尾政美
  • ヤクザに間違われた役者・馬部甚太郎
  • 悪夢に取り憑かれたライター・市川文靖
  • 怪しい組織「七曜会」に強制加入させられる大学生・篠田正志
  • できちゃった疑惑に振り回されるイケメン高校生・飛沢陽平
  • 恋人のためにダイエットを決意する女性・細井美子
  • 戦場での記憶に悩む元兵士・高峰隆士

いずれも個性豊かな主人公たちだ。

スポンサーリンク

私が特に好きなシナリオ

8本のメインシナリオのなかで私が特に好きなのは、この2本だ。

  • 爆破予告を捜査するオタク刑事・雨宮桂馬
  • 怪しい組織「七曜会」に強制加入させられる大学生・篠田正志

雨宮桂馬「オタク刑事走る!」

金田一耕助が被っているような帽子をかぶり、コーヒー牛乳を片手に持つ、丸メガネの刑事・雨宮桂馬。

思い込んだら一直線なオタク刑事の桂馬の正義感溢れるストーリーながら、桂馬を支える同僚のしおり、大先輩のヌマさん、怪しい男ジェロニモなど、脇を固めるメンバーもキャラが立っていて面白いシナリオだ。

爆発を防ぐために走り回るシナリオの中では、思わず手に汗を握ってしまうところもある。

シナリオの最後で犯人を入力する場面こそ、桂馬シナリオの最高潮だ。

篠田正志「七曜会」

就職も決まり、だらだらとした大学生活を過ごしていた、篠田正志。

ある日、父親の過去をネタにユスラれて「七曜会」に加入するハメになり、それからは七曜会のメンバーとしてユスリをやることになる怪しげなシナリオだ。

冒頭で正志をユスル日曜日の妖艶な魅力だけで、私はやられてしまったが、実際に正志とユスリ行動を共にする水曜日もかわいい。

これだけ読むとただ女性がかわいいだけのシナリオのようだが、コミカルかつ謎を含んでおり、不思議な物が好きな人なら間違いなくハマるシナリオだろう。

スポンサーリンク

『街』の意外な登場人物たち

『街』には多くの芸能人が出演していた。

当時から有名だった方も、『街』に出演して以降有名になった方もおり、そんな人たちを発見するのも面白い。

有名どころは以下の通り。

  • 竜雷太
  • ダンカン
  • 窪塚洋介
  • 伊藤さおり(北陽)
  • 谷山紀章
  • 平松晶子
  • 雪月五月

まだ売れていなかった、窪塚洋介や伊藤さおり(北陽)を見られる貴重なゲームでもある。

スポンサーリンク

私にとっての『街』

小学生当時の私はまだ読書好きでもなく、ゲームばかりやっている子どもだった。
そんな子供を夢中にさせた文章が『街』だったのかもしれない。

複数の主人公が、それぞれの人生にも関わっているという世界の縮図のような『街』だったこそ、子どもながらに興味が湧き、クリアまで一気にプレイしたのだと思う。

大人になった今だからこそ、懐かしさを感じならプレイするべきゲーム『街』
コーヒー牛乳を片手に、またプレイしたいなぁ。

現在『街』をプレイするにはPS Storeで購入し、Vitaで楽しむのが一番お手軽な方法だ。

えむ

えむ

Twitterでは、このブログの更新情報やゲーム情報などを発信しています。フォローして頂けるとうれしいです。
▶Twitterをフォローする

スポンサーリンク
えむ

えむ

サターン版『時空探偵DD』をプレイして以来のアドベンチャーゲームファン。

ミステリーやホラーはもちろん、ギャルゲーにも手を伸ばしている。

FOLLOW

カテゴリー:
タグ:
関連記事