本日の購入で楽天ポイント最大7倍!

『レゴ スター・ウォーズ/スカイウォーカー・サーガ』レビュー|映画9作品がギュッとつまった軽快アクション【評価・感想】PR

7 min
『レゴ スター・ウォーズ/スカイウォーカー・サーガ』レビュー
スポンサーリンク

レゴ スター・ウォーズ/スカイウォーカー・サーガ』はスター・ウォーズシリーズの映画9作品、スカイウォーカー・サーガをまとめてプレイできるアクションアドベンチャーゲームだ。

ステージは映画のストーリーに沿って精巧に作られ、惑星を探索したり、宇宙船でスペースバトルに参加したりとスター・ウォーズの世界観を存分に味わえる。

ルーク・スカイウォーカー、ヨーダ、C-3POなどライトサイドからダース・ベイダー、カイロ・レンなどのダークサイドまで300を超えるキャラクターが収録され、ファンならまず楽しめるはずだ。

これからスター・ウォーズシリーズを一気に履修するぞー!という人にとっても、新旧・続三部作のシリーズを楽しみながらダイジェストで把握できる。

この記事では3つのポイントを上げながら、『レゴ スター・ウォーズ/スカイウォーカー・サーガ』をレビューしていく。

ジャンルアクションアドベンチャー
発売元SEGA(公式サイト)
Warner Bros. Games
Warner Bros. Interactive Entertainment
開発元TT Games
プラットフォーム
(ストアリンク)
Nintendo Switch
PlayStation 4 & 5
Xbox Series X|S & One
PC(Steam)
発売日Switch:2022年4月5日
PS:2022年4月5日
Xbox:2022年4月5日
Steam:2022年4月6日
価格
(DL/通常版)
Switch:6,380円(税込)
PS:6,380円(税込)
Xbox:6,380円(税込)
Steam:5,280円(税込)
プレイ時間25時間
※2022年4月24日時点
こんな人におすすめ
  • レゴのアクションゲームが好きな人
  • スター・ウォーズが好き・興味のある人
  • やり込み要素のあるゲームが好きな人

【時間がないあなたへ】
>>今すぐ総合評価を読む

本記事はセガから商品提供していただき、率直にレビューした。

映画の内容への言及など、ネタバレの可能性がある。

created by Rinker
WB Games
¥4,540 (2022/05/25 07:16:51時点 Amazon調べ-詳細)
パッケージ版(PS4)
created by Rinker
WB Games
¥5,091 (2022/05/25 07:16:52時点 Amazon調べ-詳細)
パッケージ版(PS5)
スポンサーリンク

ライトセイバーでシスと戦え!かんたん操作のアクション

『レゴ スター・ウォーズ/スカイウォーカー・サーガ』の特徴は、かんたん操作で楽しめるアクションだ。

ステージでは周辺を探索しながら進み、パズルを解いたり、レゴを組み立ててお役立ちアイテムを作り出したり、敵を倒したりしながら、クリアを目指す。

バラバラになったレゴを組み立てるアクションはレゴシリーズの特徴であるが、本作ではその頻度が少ない。カチャカチャと小気味よい音を立てながらハイスピードでレゴが組み上がる様子は見ていて楽しい演出だ。レゴファンとしては、もっと組み立てたかった。

『レゴ スター・ウォーズ/スカイウォーカー・サーガ』レビュー01
ジェダイたちはフォースを使ってレゴブロックを組み立てる

いかにもスター・ウォーズらしいギミックも含まれている。フォースを使ってアイテムを持ち上げたり、R2-D2を使って扉のロックを解除したり。

『レゴ スター・ウォーズ/スカイウォーカー・サーガ』レビュー02
フォースでオブジェクトを持ち上げる
『レゴ スター・ウォーズ/スカイウォーカー・サーガ』レビュー03
R2-D2は図形を合わせるパズルを担当

戦闘だけを取ってみれば、他のレゴシリーズと比べて工夫されている。

1ボタンだけを連打するのではなく、弱攻撃/強攻撃/ジャンプ攻撃と3つのボタンを駆使するプレイに変化している。弱攻撃でゴリ押ししようとしても、同じ攻撃ばかりでは敵にブロックされてしまうこともあり、バランスの良い攻撃が求められるようになった。

近接戦闘だけでなく、銃撃にも変化があった。他のレゴシリーズでは銃撃がアバウトで敵のいる方向を向いて撃てば当たる、キャラクターによってはボタン長押しで照準が出て、撃つところを調整できるようになっていた。しかし、本作ではLトリガーで照準を出し、Rトリガーで撃つ、TPS定番のシステムが採用された。

『レゴ スター・ウォーズ/スカイウォーカー・サーガ』レビュー04
撃つ度に反動で照準がズレるところまでこだわっている

敵キャラクターにロックオンするとスウェイ(避け)が使えるため、ダースベイダーをはじめとするボス戦では、相手の攻撃をすんでのところで避けながら戦える。ボスの攻撃が発動する際は赤で攻撃範囲が表示され、避けるのも容易だ。

『レゴ スター・ウォーズ/スカイウォーカー・サーガ』レビュー05
ボスの一部の攻撃は発動する際に範囲が赤で表示される

戦闘システムにバリエーションが増えた点はグッドポイントだ。

えむ

えむ

とはいっても、難易度が急激に上がったわけではないよー

キャラクターは、ライトセイバーなどの近接攻撃が得意な者と、ブラスターを使う遠距離攻撃が得意な者とに分かれる。

遠くの敵にはライトセイバーを振っても届かないため、近接メインのキャラクターは不利に見えるが、ライトセイバーをブーメランのように投げて飛び道具として使ったり、銃弾を弾き返す、フォースで敵やオブジェクトを持ち上げて投げつけるなど、近接、遠距離どちらのキャラクターにも差がつかないように工夫されていた。

『レゴ スター・ウォーズ/スカイウォーカー・サーガ』レビュー06
ライトセイバーをブーメラン代わりに

本作の醍醐味はなんと言ってもジェダイとなってライトセイバーでシスと戦えることだ。

ルーク・スカイウォーカーvsダース・ベイダー(エピソード5 帝国の逆襲)など1対1で死力を尽くした戦いがプレイできる。

難しい操作は必要なく、誰でもプレイできるため、ゲームをあまりプレイしない映画ファンでも、手軽にレゴ スター・ウォーズの世界に入り込める

『レゴ スター・ウォーズ/スカイウォーカー・サーガ』レビュー07
ボス戦の演出もかっこいい
スポンサーリンク

レゴシリーズらしく笑える仕上がりになった超大作

『レゴ スター・ウォーズ/スカイウォーカー・サーガ』には、スター・ウォーズシリーズの映画9作品がエピソード別に収録されている。

『レゴ スター・ウォーズ/スカイウォーカー・サーガ』レビュー08
エピソード選択画面

プレイヤーはエピソード4・1・7のどれからスタートするか、任意で選ぶことができ、それぞれ1作目をプレイすると次のエピソードがアンロックされる仕組みだ。

旧三部作
  • エピソード4 新たなる希望 (最初からプレイ可能)
  • エピソード5 帝国の逆襲
  • エピソード6 ジェダイの帰還
新三部作
  • エピソード1 ファントム・メナス (最初からプレイ可能)
  • エピソード2 クローンの攻撃
  • エピソード3 シスの復讐
続三部作
  • エピソード7 フォースの覚醒 (最初からプレイ可能)
  • エピソード8 最後のジェダイ
  • エピソード9 スカイウォーカーの夜明け

ストーリーを最初から追いたいのであればエピソード1から、映画公開順にプレイしたいならエピソード4からなど、各自が思い入れのある順で進めていくと良い。

当然ながらストーリーは映画の流れに沿って展開されるため、ネタバレNGの人は、映画を見た後でプレイすることをおすすめする。

スター・ウォーズシリーズに興味があり、ストーリーをダイジェストで知りたいという人には向いている。映画9作品を一気に追える本作で遊びながらストーリーを楽しみ、さらに興味が湧いたエピソードについては、映画を見るのがおすすめだ。

各エピソードはクリア制のステージの合間にオープンワールドを散策できるようになっている。新しいステージを開始するために別の惑星に移動する必要がある場面もあり、プレイヤーは移動を通して世界観になじんでいく。

『レゴ スター・ウォーズ/スカイウォーカー・サーガ』レビュー09
モス・アイズリーを散策するルーク

すべてをレゴで作られたスター・ウォーズは想像以上に精巧に作られており、過去に見た映画のシーンを思い出してうれしくなった。

『レゴ スター・ウォーズ/スカイウォーカー・サーガ』レビュー10
エピソード4の終盤、デス・スターの破壊に向かうルーク。手に汗握るシーンだ
『レゴ スター・ウォーズ/スカイウォーカー・サーガ』レビュー11
エピソード5でルークが機転を利かせて巨大なAT-ATを倒すシーンは映画と同様の方法で戦う
『レゴ スター・ウォーズ/スカイウォーカー・サーガ』レビュー12
映画冒頭に流れるおなじみのテキストも収録、ゲームを途中で終了したのちに再開すると直前までの流れを説明するテキストが流れる親切な仕様

再現度の高さだけでなく、状況に沿ったムービーが作られていたことも見逃せない。

砂漠のシーンではR2-D2についた砂の描写が見事で細かいところまで作り込まれていた。デフォルメされたレゴでありながら、リアリティーのある表現を組み込み、映像としての完成度も上げている。

『レゴ スター・ウォーズ/スカイウォーカー・サーガ』レビュー13
R2-D2の下部にこびりついた砂が良い

収録されたプレイアブルキャラクターは300を超え、マニアックなキャラクターまで網羅されているため、ステージをクリアしたあとにお気に入りのキャラクターで再プレイするのも楽しい。

黒いジョヴァンナ

黒いジョヴァンナ

基本、映画未見の人でも支障はないんだけど、パドメとアミダラのくだりは、レゴだけにちょっとわかりづらくなかった?

えむ

えむ

ダース・ベイダーとしてミレニアム・ファルコンに乗ってファースト・オーダーと戦う!なんてことも……

レゴシリーズらしいコミカルな演出は本作でも健在。ステージ中はもちろん、ボス戦の途中でも笑いを入れてくるため、シリアスな展開のみを期待するプレイヤーをがっかりさせてしまうかも……。

『レゴ スター・ウォーズ/スカイウォーカー・サーガ』レビュー14
エピソード4の序盤で脱出ポッドを探すR2-D2とC-3POの前に現れるストームトルーパーの入浴シーン

とはいえ、スター・ウォーズの映画でもC-3POがコミックリリーフを担っており、笑いが入ること自体に違和感はない。どこでどのような笑いを入れてくるのか楽しみでもあった。

黒いジョヴァンナ

黒いジョヴァンナ

映画ではショッキングだったあのシーンも、レゴだとグロさがなく、コミカルに描かれている点、私はわりと好きだわ。

スポンサーリンク

映画で見たあの惑星をじっくり探索!やりこみ要素がてんこ盛り

『レゴ スター・ウォーズ/スカイウォーカー・サーガ』では進捗によって惑星がアンロックされ、それぞれを探索できるようになる。キャラクターたちが映画内で立ち寄っていた惑星をじっくり見て回れるのは楽しい。

『レゴ スター・ウォーズ/スカイウォーカー・サーガ』レビュー15
惑星の数もかなり多い

宇宙空間にもさまざまなミッションが配置されており、彗星を破壊してカイバー・ブロック(収集アイテム)やスタッド(コイン)を取得したり、宇宙船レースや敵対する勢力とスペースバトルに挑んだり他キャラクターから仕事を請け負ったりと種類も豊富だ。

『レゴ スター・ウォーズ/スカイウォーカー・サーガ』レビュー17
カイバー・ブロック彗星を破壊するとカイバー・ブロックが手に入る
『レゴ スター・ウォーズ/スカイウォーカー・サーガ』レビュー23
時間内にすべてのゲートを通過するレース
『レゴ スター・ウォーズ/スカイウォーカー・サーガ』レビュー16
サイドミッション中のスペースバトル

ジェダイ公文書館から盗まれたものを探し出してほしいと頼まれるなどお茶目なサイドミッションはレゴのコミカルさにマッチしていて、世界観を壊さず、おつかいミッションに意味を持たせている。

『レゴ スター・ウォーズ/スカイウォーカー・サーガ』レビュー18
賞金稼ぎだけが受けられるミッションなどもある

サイドミッションも単調では飽きてしまうが、豊富なレパートリーでプレイヤーを飽きさせず、ストーリーを追っている途中で良い気分転換になった。

本作はスキルツリーを導入しており、惑星の各マップに散らばったカイバー・ブロックやステージなどで取得できるスタッドを集めて、任意の項目をアンロックできる。

スキルツリーは全キャラクター共通とジェダイや賞金稼ぎといった各特性専用のスキルツリーに分かれており、体力や攻撃力といった定番のものから、お役立ち系のスキルまで用意されている。

遠くのスタッドを集められる能力や収集アイテムの位置が表示される能力が便利でおすすめだ。

『レゴ スター・ウォーズ/スカイウォーカー・サーガ』レビュー19
スキルツリーをアップグレード

収集要素も多く、マップ上に配置されたカイバー・ブロックを集める以外にもステージ上で取得できるパーツを集めて、宇宙船をアンロックする、ステージクリア時に隠されたミッションをクリアするとカイバー・ブロックを取得できるなどさまざまだ。

『レゴ スター・ウォーズ/スカイウォーカー・サーガ』レビュー20
マップに散らばるカイバー・ブロックは大体が奇妙な場所にある

初期状態ではカイバー・ブロックの位置は隠されており、住人との会話で取得できる”噂”によって場所を特定することもできる。会話するのが面倒であれば、スタッドを支払って噂を購入することも可能だ。

『レゴ スター・ウォーズ/スカイウォーカー・サーガ』レビュー21
スタッドを支払えば噂を購入できる

他のレゴシリーズ同様に数多くのやりこみ要素が用意されている。もちろん、必ずやらなければいけないものでもなく、ステージクリアを目指してシンプルに突き進んでも問題はない。プレイスタイルによってはサイドミッションをほとんどプレイしない人もいるだろう。

筆者は収集は控えめにしてクリアを第一にプレイした。途中で収集要素の誘惑に負け、コルサントだけは取得率100%を達成した。それ以外のマップはちょこちょことサイドミッションをプレイする程度でクリアまで25時間。なかなかのボリュームだった。

『レゴ スター・ウォーズ/スカイウォーカー・サーガ』レビュー22
コンサルタントの連邦管区で100%を達成するだけでもかなりの時間を費やした
スポンサーリンク

総合評価

https://emuventure.com/wp-content/uploads/2021/12/emuicon_2022-a.png

総評:非常に良い

『レゴ スター・ウォーズ/スカイウォーカー・サーガ』は映画9作品をなぞるようにプレイできるアクションアドベンチャーだ。

複数ボタンの使い分けによる近接攻撃やTPS定番の照準・射撃システムなど、過去のレゴシリーズよりも幅が広がった戦闘、フォースを使ったギミックによって映画のなかに入り込んだ感覚が味わえる。

レゴで精巧に作られたスター・ウォーズの世界観は見事で、砂漠の砂のようなディテールにもこだわりを感じさせた。

ストーリーをそのまま進めるもよし、箸休め的に映画に登場した惑星を探索してみたり、サイドミッションをクリアしたりとやりこみ要素は数多く用意されている。

スター・ウォーズのファンはもちろん、これからスター・ウォーズの9作品をまとめておさらいしたい人にもおすすめしたいタイトルだ。

レビュー時のプレイ機種

PS4

グッドポイント
  • 改良された戦闘システム
  • レゴで精巧に作られたスター・ウォーズの世界観
  • やりこみ要素の多さ
ウィークポイント
  • レゴを組み立てる場面が少ない
created by Rinker
WB Games
¥4,540 (2022/05/25 07:16:51時点 Amazon調べ-詳細)
パッケージ版(PS4)
created by Rinker
WB Games
¥5,091 (2022/05/25 07:16:52時点 Amazon調べ-詳細)
パッケージ版(PS5)
『レゴ スター・ウォーズ/スカイウォーカー・サーガ』を購入する(ダウンロード)
えむ

えむ

Twitterでは、このブログの更新情報や最新のアドベンチャーゲーム紹介、お得なセール情報などを発信しています。ぜひフォローしてください!
▶えむのTwitterをフォローする

このページで使用している『レゴ スター・ウォーズ/スカイウォーカー・サーガ』のゲームキャプチャ画像はTT Games / Warner Bros. Games / Warner Bros. Interactive Entertainment / SEGAの著作物です。転載、配布等は禁止いたします。

関連記事