『SOWON:おもちゃのワンダーランド』レビュー|不穏で奇妙な世界を味わうホラーパズルアドベンチャー【評価・感想】

記事ではサイトの運営維持のため広告リンクを利用する場合があります。
『SOWON:おもちゃのワンダーランド』レビュー

『SOWON:おもちゃのワンダーランド』は不穏な空気が漂うホラーパズルアドベンチャーゲームだ。

ある日の夜、少女が目を覚ますと両親がいなくなっていた。家中を探して最後にたどり着いた屋根裏部屋に入ると、少女はおもちゃの世界に引きずり込まれてしまう。

少女と同じように心細さを感じながらも、奇妙な世界を探索することに楽しさを覚える。怖さのなかに茶目っ気のあるキャラクターが配置されていたり、コロコロと変わっていく舞台に惹きつけられる。この先にはどんなステージが待っているのかと心が踊る作品だ。

この記事では『SOWON:おもちゃのワンダーランド』のレビューをお届けする。

読むのが面倒だなーという方は動画版をご覧ください!

【読み飛ばしはこちら】
>>今すぐ総合評価を読む

目次(読みたいところをタップ)
運営者情報
えむアイコンC

ゲームレビュアー

えむ

  • 睡眠時間を削りがちな30代ゲーマー
  • 執筆したレビュー・攻略記事は100本超
  • プレイヤー目線から一歩踏み込んだレビューがモットー

Twitter / 詳しいプロフィール

レビュー

奇妙で不穏なおもちゃの世界を味わう

プレイヤーは少女を操作して、おもちゃの世界を探索する。元の世界に戻ることを目指して、時折現れるパズルを解き、アイテムを駆使しながら、ステージを進んでいく。

最初のチュートリアルから物語ははじまっている。少女を動かす、物を取る、かんたんなパズルを解くといった基本的な操作を理解するパートだが、それだけではない。

しゃべる人形や少女の動きを目線で追ってくる壁の目といった存在が現れる。冒頭から本作の奇妙な味わいを感じさせ、作品の世界へと一気に誘われる。

『SOWON:おもちゃのワンダーランド』レビュー|01
『SOWON:おもちゃのワンダーランド』レビュー|02

チュートリアルが終わり、最初に探索するのが家だ。人気がなく暗いリビングや、少女の誕生日を祝うために用意された風船がダイニングで呑気にふわふわと浮いている姿はどこか虚しい。子どものころ、家にひとり残されたときの心細さを思い出した。

『SOWON:おもちゃのワンダーランド』レビュー|03
『SOWON:おもちゃのワンダーランド』レビュー|04

屋根裏部屋を抜けるとダークファンタジーの世界。見えてくるのは奇妙な空間だ。家具が宙に浮く不思議な空間は先が見えない。几帳面に並べられたマネキンを暗闇のなかで見つけたときには思わず声が出てしまった。

『SOWON:おもちゃのワンダーランド』レビュー|05
『SOWON:おもちゃのワンダーランド』レビュー|06
『SOWON:おもちゃのワンダーランド』レビュー|07

本作は驚かせたり、グロテスクなものを見せたりといった分かりやすい恐怖演出に頼っていない。心のどこかにずっと不安を抱えているような心細さ奇妙な味わいが楽しめる。

不思議な世界の住人たちも良い味を出している。意味のわからないことを言ってきたり、シュールなものが出てきたりと不気味な世界観を作り出すのに一役買っている。

『SOWON:おもちゃのワンダーランド』レビュー|08
『SOWON:おもちゃのワンダーランド』レビュー|10
『SOWON:おもちゃのワンダーランド』レビュー|09

プレイ時間は2時間15分。ストーリーには説明が不足しているように思えるところもあった。もう少しボリュームを増やして、ストーリーを厚めにしてほしかった。

パズルの難易度はやさしめ

少女の行く手を阻むパズルの難易度は低い。初見では分からないものもあるが、何度か試しているうちに仕組みが分かるため、ストレスなく楽しめる。

どこかに書かれた数字を使ってダイヤル錠を開ける。オブジェクトをシンメトリーに配置する。パイプのつなぐ箇所を変えるなどシンプルなものが多く、パズルアドベンチャーゲームでは定番の仕掛けも多い。

『SOWON:おもちゃのワンダーランド』レビュー|11
『SOWON:おもちゃのワンダーランド』レビュー|12
鍵穴に入って形状を調べ、一致する鍵を探すギミック

一般家庭とは思えない複雑な作りだったダイニングの電気スイッチは作品の世界観に合っておらず気になったが、それ以外は不気味な雰囲気を活かしたパズルが多く用意されていた。ニタニタ顔の動く足場、穴を覗くと気味悪く微笑むガラクタ人形が浮かび上がったときは肝を冷やした(パズルのヒントになっている)。

『SOWON:おもちゃのワンダーランド』レビュー|16
『SOWON:おもちゃのワンダーランド』レビュー|13

ローカライズはほぼ快適

日本語訳のクオリティはほぼ問題なかった。会話もそれほど多くないため、快適にプレイできる。

『SOWON:おもちゃのワンダーランド』レビュー|14
直訳っぽいInteract=相互作用が頻繁に出てくるのが少し気になるぐらい

逆にダジャレがいい感じにハマっているところは良かった。

『SOWON:おもちゃのワンダーランド』レビュー|15

フォントは読みやすく、不気味さもあって作品の雰囲気に合っていた。

総合評価

えむ

総評:良い

3.5/5

『SOWON:おもちゃのワンダーランド』不気味なホラーパズルアドベンチャーだ。

少女が旅するおもちゃの世界は不穏で不気味だ。ダークファンタジーの隠し味にひとさじのおかしみを加えたことで、ステージの探索に驚きがあり、新しいステージが待ち遠しく感じた。

パズルはストーリーとの関連性が薄いものもあるが、難易度はやさしめで物語を味わうことに集中できる。

どこか不安な気分が味わえるホラーアドベンチャーを求めるならプレイしてみてもいいだろう。

グッドポイント
  • 不穏で不気味な雰囲気
  • パズルの難易度がほどよい
ウィークポイント
  • 少し分かりにくいストーリー
  • 雰囲気がこわれる一部のパズル

『SOWON:おもちゃのワンダーランド』

  • 対応機種:Nintendo Switch、PC
  • 発売日:2024年5月2日(Switch)、2022年10月28日(Steam)
  • 開発元:PUMPKIM
  • 発売元:PUMPKIM(Steam)、CFK(Switch)
  • ジャンル:パズルアドベンチャー
  • 筆者プレイ時間:2時間15分
  • レビュー時のプレイ機種:PC (Steam)

※2024年4月29日時点

えむ

X(旧Twitter)では、このサイトの更新情報や最新のアドベンチャーゲーム紹介、お得なセール情報などを発信しています。ぜひフォローしてください!
▶えむのX(旧Twitter)をフォローする

このページで使用している『SOWON:おもちゃのワンダーランド』のゲームキャプチャ画像はPUMPKIMの著作物です。転載、配布等は禁止いたします。

『SOWON:おもちゃのワンダーランド』レビュー

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次(読みたいところをタップ)