『風雨来記4』レビュー|自宅で旅情!岐阜のマイナースポットを旅するツーリングアドベンチャー【評価・感想】

『風雨来記4』レビュー

『風雨来記4』 はプレイヤーが旅ライターの目線から岐阜を旅し、取材するゲームだ。

思うがままにバイクを走らせ、有名・無名に関わらず多くのスポットを訪れ、写真を取り、記事を上げる。

行き当たりばったりのツーリング旅気分が味わい深い。

この記事では6つのポイントを上げながら、 『風雨来記4』 をレビューしていく。

ジャンル旅アドベンチャー
発売元日本一ソフトウェア
(公式サイト)
プラットフォームNintendo Switch
PlayStation 4
発売日Switch:2021年7月8日
PS4:2021年7月8日
プレイ時間24時間
(全ルートクリアまで)
こんな人におすすめ
  • のんびり旅気分を味わいたい人
  • かわいい女の子と旅がしたい人

【時間がないあなたへ】
>>今すぐ総合評価を読む

序盤など一部ネタバレの可能性あり。

created by Rinker
日本一ソフトウェア
¥5,350 (2022/11/29 19:49:07時点 Amazon調べ-詳細)
PS4版(パッケージ版)
created by Rinker
日本一ソフトウェア
¥6,282 (2022/11/29 19:49:08時点 Amazon調べ-詳細)
Switch (パッケージ版)
目次(読みたいところをタップ)
運営者情報
えむアイコンC

ゲームレビュアー

えむ

  • 睡眠時間を削りがちな30代ゲーマー
  • 執筆したレビュー・攻略記事は100本超
  • プレイヤー目線から一歩踏み込んだレビューがモットー

Twitter / 詳しいプロフィール

岐阜県内を隅々まで旅するアドベンチャー

『風雨来記4』レビュー01
収録されたスポットはかなりの数(黄色の点が取材スポット)

『風雨来記4』は旅雑誌「ぐるり」に所属するライター(主人公)が、岐阜新聞の主催する「のひコン」に参加し、岐阜県の魅力を伝えるべく、バイクで旅するアドベンチャーだ。

のひコン

岐阜に関することならなんでもありのコンペ。主人公が参加するWEB部門は自誌を含めて20社。

バイクで岐阜県内を移動し、気になるスポットがあれば立ち寄って取材を行う。

1日に移動できる距離は画面右のスタミナメーターで表示される。

『風雨来記4』レビュー02
画面右のスタミナがゼロになると強制的にキャンプインとなる

観光スポットでは写真撮影や取材を通して、魅力を発見する。

取材を終えたらキャンプに戻り、記事内容と掲載写真を決めてWEBにアップすれば1日の仕事は完了だ。

『風雨来記4』レビュー03
取材したスポットから記事を選び、撮影した写真を添付してサイトにアップする

月曜日から土曜日までを4週繰り返して、「のひコン」での上位入賞をめざす。

観光名所から誰も知らないマイナースポットまで

『風雨来記4』レビュー04
メジャースポット「下呂温泉」

『風雨来記4』の取材スポットは、関ヶ原跡地・下呂温泉のような観光名所から誰も知らないようなマイナースポットまで幅広い。

何度も足を運ぶと新たな発見がある場所もある。

えむ

岐阜新聞社が情報提供しているだけあって、情報が細かい……

印象に残ったスポットをいくつか紹介したい。

あまりの悲惨さに言葉を失う「土砂災害現場」

『風雨来記4』レビュー05
おじいさんから状況を伺う
『風雨来記4』レビュー06

見栄えの良い観光名所だけを紹介するのではなく、災害や社会問題にも触れているところが強く印象に残った。

知る人ぞ知る!?マイナースポット「潮見小学校展望台」

『風雨来記4』レビュー07
伊勢湾まで見通せる?

望遠鏡がポツーンと1つあるだけ。三角コーンが味わい深い。

岐阜駅近くのシャッター商店街はものがなしい雰囲気だ。

『風雨来記4』レビュー08
『風雨来記4』レビュー09
変わった電気設備も見られる。

筆者は大いに興味を引かれ、Googleストリートビューでさらなる探索を楽しんだ。

『風雨来記4』レビュー

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次(読みたいところをタップ)